2018年1月25日木曜日

米国の問題ではなく日本国民自身の問題

問題は「アメリカが悪い」ことではない。なぜなら、われわれはモンサントがどのような企業であるのか、十分に知ることができるからだ。軽自動車の廃止にせよ、遺伝子組替え種子の大々的導入にせよ、米国の国益追及がそれを押し通そうと命じるのは、当然である。問題は、それを進んで受け容れ、あまつさえ積極的に手引きしようとする知的にも道義的にも低劣な人々がいること、そして彼らが指導的地位を占めていることにほかならない。


戦争終結から六〇年以上経て、自他ともに認めるヨーロッパの中心となってもなお、首都のど真ん中に「お前たちは負けた」と書き込まれた巨大施設を置き続けなければならない、それがドイツという国家が敗戦の結果抱え込んだ宿命なのである。


私の抱いた感情は、ナショナリズムに基づく義憤ではない。何も知らずにションベン横丁にフラフラやって来るアメリカ人は怒鳴りつけられるに値するとも思わない。あるいは、この街がアメリカへの復讐、臥薪嘗胆(がしんしょうたん)の精神を維持するために残されるべきだと言いたいわけでもない。命ぜられた通りに「鬼畜米英!」と叫んだ同じ口が、命ぜられた通りに「民主主義万歳!」と唱え、「アメリカは素晴らしい!」と唱和するというこの光景の相変わらずの無惨な有り様、それが同じ空間を共有する人間として私には端的に我慢ならないのである。

   ---  白井聡 「永続敗戦論」から

2018年1月10日水曜日

勇気をもってサボる

「変だな」と感じたら、「そんなはずはない」と歯を食いしばってはいけないのです。その状態が続くなら、
「変だな」→「苦しいな」→「しんどいな」→寝こむ→病気になる→倒れる
というのが、むしろ正しい態度なのです。もちろん、寝込んだり病気になるよりは、
「勇気をもってサボる」
 このほうがずっと立派です。皆がそうやってサボったり倒れたりすると、システムは動かなくなります。そして暴走は止まるのです。

   --- 安冨 歩 『満州暴走 隠された構造』から

植民地化された魂

首都の上空は今もアメリカ軍が管制しています。アメリカ軍関係者やCIA関係者は横田基地や横須賀基地にやってくると、ヘリで六本木ヘリポートまで飛び、そのままアメリカ大使館やニューサンノー米軍センター(米軍専用のホテル兼会議場)に移動できます。つまりパスポートがなくても自由に日本の中を動き回れるのです。そして日本人は、これに見て見ぬふりを続けています。
 因果応報、これこそが「植民地根性」です。
 植民地に関わった者は、本国側であれ植民地側であれこういう状態を「あたりまえ」「普通」「正常」だと思うようになります。ガンディーが自分を含めたインド民衆に感じた心性、「植民地化された魂」です。

   --- 安冨 歩 『満州暴走 隠された構造』から

日本立場主義人民共和国

私たちの国の正しい名はおそらく、
「日本立場主義人民共和国」
です。
 その主たる政権党である自由民主党は、だれでも知っているように、自由と民主とを軽視する政党であって、名前が間違っています。この政党は立場主義イデオロギーを守るために活動しているのであり、共産主義を標榜する政党が「共産党」と名乗るに傚(なら)って、立場主義を標榜して「立場党」と名乗るべきだと思います。自民党は、「皆さまの立場を守る、立場党」であって、日本国民の大半が立場主義者であるがゆえに、幅広く支持されているのです。

立場主義三原則

前文、「役」を果たせば「立場」が守られる。
第一条、「役」を果たすためには何でもしなければならない。
第二条、「立場」を守るためになら、何をしてもよい。
第三条、他人の「立場」を脅(おびや)かしてはならない。

  --- 安冨 歩 『満州暴走 隠された構造』から


2017年12月10日日曜日

自立

自立とは、多くの人に依存することである

自立した人というのは、自分で何でもする人ではなく、自分が困ったらいつでも誰かに助けてもらえる人であり、そういった関係性のマネージメントに長けている人のことだ。

自立は金で買えない

ーーー  安冨 歩 「生きる技法」から

2017年11月25日土曜日

マネジメントにとって最も大切な資質

経営者の誠実さと真剣さとを最終的に証明するものは、人格の誠実さに対する妥協のない重視である。これは、何よりも、経営者の「人事」決定に象徴化されねばならない。なぜなら、リーダシップが実践されるのは人格を通してであり、模範が設定され示されるのが人格だからである。人格は、人が獲得しうるものではない、もし人が仕事に就いた時にそれをもっていなければ、後から手にすることはない。それは人が他人を騙すことができるものではない。その人と共に働く人、特に部下は二、三週間もあれば、その人が誠実さをそなえているかどうかわかる。無能、無知、自信のなさ、無作法といったことであれば、彼らはその人をかなりの程度、大目に見るはずである。しかし、誠実さの欠如を大目に見ることはない。そんな人物を抜擢した上位の経営者を許すこともない。(ピーター・ファーディナンド・ドラッカー)
  -----  「安冨歩 ドラッカーと論語」から

2017年8月28日月曜日

財産権を放棄という行政の負債処理

新得酒造公社のほうは、税金8億5千万円を投入したにもかかわらず、結局再建のめどが立たず、町がすべての財産権を放棄するという形で解散しました。この支出に賛成した町理事者や議員など、責任ある立場の方々は、消えてしまった8億5千万円を、どのように評価しているのでしょうか。(芳賀耕一)
  --- 『酒造公社事件を覚えていますか 』から

2017年8月22日火曜日

縁は努力

「運」とは何か。鶴瓶流に言えばそれは「ぼたもちが落ちる位置にいること」だ。
様々な場所に出向き、時間をかけ、人と接すること。単純に機会を増やす。その遠回りに見える泥臭い道こそが、運を引き寄せ、縁をつなぎ、奇跡を呼ぶ近道なのだ。
  ---  戸部田誠 『笑福亭鶴瓶論』から

2017年8月11日金曜日

すごい人生

本当にその素材が面白いから、いかに待つかですよ。その人の人間性が全体で分かるぐらいに待つかですよね。こっちが「こういうこと言うてはんねんな」ってテレビ見てる人に説明する必要はないんです。テレビ見てる人と僕とが同時にその人を理解するぐらいの気持ちでないと。変に僕が通訳する必要もないわけですよ。うれしそうに眺めて話を聞いてると、それで成立する。僕が無理に説明してしまうと面白くも何もなくなる。だから、ずっと待ってるんです。

この番組はテレビ局のためにやってるわけやないんです。「その人」に向けて作ってる。行ったところの人たちが主役で、その人が過去に何かすごいことをしたとか、そんなことどうでもいいわけですよ。みんなそれぞれすごい人生を持ってはりますからね。(笑福亭鶴瓶) 
--- 笑福亭鶴瓶が語る「テレビと家族」#1 今までにない芸人を目指そうとしたら「作らない」ことですよ | 文春オンライン から

2017年8月10日木曜日

アベノミクスというのは何だったのか

「韓国人に比べて日本人はおとなしい。だから、あのようなデモや街頭抗議活動で政権を倒すようなことはしない。表立ったお上批判はしない、という国民性だ。だけど、秘密投票、つまり、選挙という形では意思表示をする。それが都議選の結果だ。仙台(市長選=7月23日投開票、野党共闘系候補が勝利)もそうだ」 

「日本人の心の中で、安倍政権、自民党政治に対する批判や不満がマグマのようにたまっている。要するにアベノミクスというのは何だったのか。儲(もう)ける人は儲けたが、一般国民には一体何がしたたり落ちてきたのか。それから、年金医療も福祉も負担は増えるが給付は減っていく。しかも、先が見えないし、それをどう抜本改革するかという論争もない。だから、正体見たり、だ。多分、国民が初めてそう思ってきた。だからこれだけ鋭角的に支持率が下がっている」(小沢一郎) 
  --- 「倉重篤郎のサンデー時評」 から