2018年1月10日水曜日

勇気をもってサボる

「変だな」と感じたら、「そんなはずはない」と歯を食いしばってはいけないのです。その状態が続くなら、
「変だな」→「苦しいな」→「しんどいな」→寝こむ→病気になる→倒れる
というのが、むしろ正しい態度なのです。もちろん、寝込んだり病気になるよりは、
「勇気をもってサボる」
 このほうがずっと立派です。皆がそうやってサボったり倒れたりすると、システムは動かなくなります。そして暴走は止まるのです。

   --- 安冨 歩 『満州暴走 隠された構造』から

植民地化された魂

首都の上空は今もアメリカ軍が管制しています。アメリカ軍関係者やCIA関係者は横田基地や横須賀基地にやってくると、ヘリで六本木ヘリポートまで飛び、そのままアメリカ大使館やニューサンノー米軍センター(米軍専用のホテル兼会議場)に移動できます。つまりパスポートがなくても自由に日本の中を動き回れるのです。そして日本人は、これに見て見ぬふりを続けています。
 因果応報、これこそが「植民地根性」です。
 植民地に関わった者は、本国側であれ植民地側であれこういう状態を「あたりまえ」「普通」「正常」だと思うようになります。ガンディーが自分を含めたインド民衆に感じた心性、「植民地化された魂」です。

   --- 安冨 歩 『満州暴走 隠された構造』から

日本立場主義人民共和国

私たちの国の正しい名はおそらく、
「日本立場主義人民共和国」
です。
 その主たる政権党である自由民主党は、だれでも知っているように、自由と民主とを軽視する政党であって、名前が間違っています。この政党は立場主義イデオロギーを守るために活動しているのであり、共産主義を標榜する政党が「共産党」と名乗るに傚(なら)って、立場主義を標榜して「立場党」と名乗るべきだと思います。自民党は、「皆さまの立場を守る、立場党」であって、日本国民の大半が立場主義者であるがゆえに、幅広く支持されているのです。

立場主義三原則

前文、「役」を果たせば「立場」が守られる。
第一条、「役」を果たすためには何でもしなければならない。
第二条、「立場」を守るためになら、何をしてもよい。
第三条、他人の「立場」を脅(おびや)かしてはならない。

  --- 安冨 歩 『満州暴走 隠された構造』から